>

切れ味の良さをキープする

傷つかないように洗おう

もちろん包丁も、使い終わった後は洗わなければいけません。
ほとんどの人は、ステンレス製の包丁を使っていると思います。
ステンレスは、錆に強いということがメリットです。
ですから錆ついて、使えなくなる事態は回避できるでしょう。
丁寧に洗うことを意識してください。
錆には強いですが、力を入れて擦ると傷つきます。

またお皿などを、食洗器で洗う人が見られます。
全自動で洗ってくれるので便利ですが、デリケートな食器や調理器具は食洗器で洗わないでください。
壊れたり、傷ついたりする原因になります。
包丁は、食洗器が使えないと調理器具です。
自分で洗うことを意識してください。
少し面倒に感じますが、丁寧に洗うことで長持ちします。

研いで長持ちさせよう

毎日包丁を使っていれば、次第に切れ味が悪くなります。
うまく食材を切れないと思ったら、砥石を使って研いでください。
ゆっくり包丁を砥石に押し当てて擦ることで、うまく研げます。
ですが包丁を研ぐことに自信がなかったり、不安を感じたりしている人がいると思います。
不安な気持ちのまま、無理に自分で包丁を研ごうとすると指を切ってしまう危険性があります。

安全に包丁を研げる道具があるので、それを使うと良いですね。
100円均一ショップでも販売されているので、大きな出費にもなりません。
これまでは切れ味が悪くなったら、すぐに包丁を買い替えていた人がいるでしょう。
ですが費用がもったいないので、今後は研いで長く使ってください。


この記事をシェアする